【2021年最新情報】東海オンエアグッズまとめ >>

【最新版】岡崎市観光の効率的な移動手段をご紹介【おすすめはレンタカー】

【最新版】岡崎市観光の効率的な移動手段をご紹介のサムネイル

なやみ子
岡崎市観光は、なにで移動するのが一番効率的なの?
パネル巡りに向いている移動手段はどれ?

そんな悩みをお持ちの、岡崎市観光の移動手段に迷っているあなたへ。

この記事を読むと岡崎市観光での
効率的な移動手段が分かります

岡崎市は、下記の移動手段で観光することができます。

  • 電車
  • バス
  • 自転車
それぞれのおすすめポイントと注意点をご紹介します。

紹介するのは、岡崎市在住29年の岡崎かんこー

東海オンエアの魅力的な聖地はたくさんあるので、どうしてもたくさん巡りたい!というファンのために、丁寧に解説します。

私のおすすめは車(自家用車・レンタカー)

岡崎観光での移動手段で一番おすすめなのは、車(自家用車・レンタカー)です。

岡崎は意外と広い

岡崎市の面積は、387.20平方キロメートルです。

ピンときませんよね。

岡崎市には各地に東海オンエア聖地がありますが、一番遠いところで約20㎞離れています。(奥殿陣屋らんパーク

これは車で40分以上かかる距離です。意外と広いですよね。

岡崎市観光の移動手段をご紹介

車(自家用車・レンタカー)

岡崎市内の移動手段(車)

こんなひとにおすすめ
  • 東海オンエア等身大パネルを1日で全部巡りたい
  • いろんな場所の観光スポットにいきたい
  • 複数人で一緒に観光する

岡崎市は車がないと不便な街なので、ほとんどの人が車を保持しています。電車は岡崎市の隅々まで張り巡らされているわけではないので、おでかけにはどうしても車が必要になります。

従って、岡崎観光でも車移動するのが一番便利です。

車移動で一番気になる駐車場も、駅前や小さな公園以外は完備されています。

注意
平日は出退勤時間、休日は午後~夕方にかけて国道1号線、248号線で渋滞が発生します。
時間に余裕をもったスケジュールをたてて、安全運転をしましょう。

そもそも遠すぎて岡崎まで車で来れないという方はレンタカーを借りましょう

他県から岡崎市にアクセスするときに拠点となる JR岡崎駅、名鉄東岡崎駅付近には、徒歩圏内にレンタカー屋さんがあります。

6,000円あれば1日レンタルできるので、3人で観光すればレンタカー代も2,000円で借りることができます。

お得にレンタカーを借りるコツは下記の記事で詳しく紹介しています。

電車

岡崎市内の移動手段(電車)

こんなひとにおすすめ
  • 東海オンエアメンバ全員のパネルめぐりはしない
  • 運転免許をもっていない
岡崎市を通る電車は、名古屋鉄道(名鉄)JR愛知環状線(愛環)の3つあります。

それぞれの電車が岡崎市の違う場所を通っているので、どの電車に乗れば観光スポット全部いけるとかはありません。行きたい場所の最寄駅に停まる電車を調べる必要があります。
参考 名鉄の停車駅を調べる名古屋鉄道 参考 JRの停車駅を調べるJR 参考 愛環の停車駅を調べる愛知環状線

行きたい観光スポットが複数の電車を使う場合、下の表を参考にして乗り換えましょう。
岡崎市内の移動手段(電車)

注意
東海オンエア等身大パネルは電車の最寄駅から歩いていけない場所にあるパネルもあります。どうしても行きたい場合は、最寄駅からバスやタクシーを利用してアクセスしましょう。

また、愛知環状線は全て各駅停車の電車ですが、名鉄・JRは列車に種類があります。(普通、急行、特急など)停車したい駅にとまる列車かを乗る前に確認する必要があります。

バス

岡崎市内の移動手段(バス)

写真提供:岡崎市

こんなひとにおすすめ
  • 旅行慣れしていて分単位の計画を立てるのが好き
  • 移動費にお金がまったくかけられない
岡崎市を通るバスは、名鉄バスがあります
参考 名鉄バスの路線図を調べる名鉄バス

一日乗り放題券を販売しているので、お財布には優しいです。
ただし、岡崎市のバス観光はなかなか難易度が高いです。綿密な計画をたてないと東海オンエアメンバ全員のパネル巡りは厳しいです。

注意
岡崎市のバスは都会のように5分に1本くるわけではありません。20分に1本は早いほう、1時間に1本は普通です。
従って、想定外の行列やトラブルが起きて、計画していた時間に乗れなかったときに計画を練り直す必要があります。

※バスを使って1日かけてパネルを全部巡ったよ。という方をTwitterで見かけました。なので、パネル巡りは不可能ではないです。が、難易度は高いということを覚えておきましょう。

自転車

岡崎市内の移動手段(自転車)

写真提供:岡崎市

岡崎市にはサイクルシェアといったサービスがあります。
サイクルシェアとは、乗りたいところで自転車を借りれて、降りたいところで自転車を返す、岡崎観光のための電気自転車シェアサービスです。

手軽に借りれて、小回りも効くので、サイクルシェアは岡崎観光にあると便利です

そんなサイクルシェアが東海オンエアとコラボしました。

メンバーカラーにラッピングされた自転車で、東海オンエアの聖地を巡りましょう!


ただし、サイクルシェアを利用するときには下記をご注意ください。

注意
  • 利用前に事前登録が必要です
  • 自転車利用時の事故・負傷に対する保険に加入しています
  • 自転車は必ず決められた駐輪スペースに駐車してください
  • 自転車の点検・修理等、他のお客様がご利用中などにより、自転車がサイクルポートにない場合があります

クーポンが貰えるサイクルシェアの登録手順や東海オンエア号の予約方法については下記の記事で詳しく紹介しています。

さいごに

私のおすすめは、車(自家用車・レンタカー)での岡崎観光です。
ただし、これは 岡崎市のいろんな場所に行きたい。1日でメンバ全員のパネル巡りをしたい。というケースでのおすすめです。
決して、電車・バス移動だと楽しめないわけではありません。その場合は、行きたい方面を絞ってマニアックな聖地を訪れることができます。

岡崎市のどこに行きたいかを決めて、移動手段を選択しましょう。
事故・トラブルがない安全な旅行をお楽しみください。